2017
01.28

Lamdba Uploaderの設定

Cloud

佐々木です。

Lamdbaでは、作ったソースをZIPにかためてAWS Consoleでアップロードするのだが、その処理をConsoleで実行するツールがLamdba Uploaderになる。

それではLamdba UploaderをPIPでインストールする。

$ pip install lambda-uploader

次にConfigureファイルである、Lamdba.jsonを作成する。

{
  "name": "myFunction",
  "description": "It does things",
  "region": "ap-northeast-1",
  "runtime": "python2.7",
  "handler": "index.lambda_handler",
  "role": "arn:aws:iam::00000000000:role/lambda_basic_execution",
  "ignore": [
    "circle\\.yml$",
    "\\.git$",
    "/.*\\.pyc$"
  ],
  "timeout": 30,
  "memory": 512
}
Lamdba Uploaderの引数
引数名 意味
name プロジェクトの名前
description プロジェクトの説明
region リージョン名(ap-northeast-1)
runtime 実行環境の言語
handler スタートポイントのhandler名, index.lambda_handlerとすれば、index.pyが呼び出される
role 適用するRole名
ignore 無視するファイル
memory 確保するMemoryサイズ
timeout Timeout時間

あとは、lamdba.jsonとindex.pyを同じディレクトリに保存し、lamdba-uploaderを実行する。

$ lambda-uploader

Permissionエラー等がでる場合は、AWS IAMのアクセス権限で、Lamdbaのアクセスに適正なアクセス権限を追加しておく。

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

You must be logged in to post a comment.