2017
02.08

RESAS APIのモバイル空間統計

OpenData

佐々木です。

RESAS APIのモバイル空間統計(NTTドコモ)のデータを用いて、2015年の訪日外国人の空間移動をGoogle Cloud Notebookを用いて解析してみた。

RESAS APIを用いて、都道府県のIDを取得すると同時に、モバイル空間統計を県別(47回)に12ヶ月分(12回) 問い合わせし、その結果をmatplotlibを用いてグラフ化した。

ソースは以下の通り。

# coding: UTF-8
import requests
import json
import matplotlib.pyplot as plt
import pandas as pd
import seaborn
import matplotlib.font_manager as fm

API_ENDPOINT = "https://opendata.resas-portal.go.jp/"
API_KEY = "Ue7Yp...." # RESAS API KEY
DKUKAN_INBOUND = "api/v1/partner/docomo/inbound"
RESAS_PREF = "api/v1/prefectures"

def get(url):
 header = {"X-API-KEY":API_KEY}
 r = requests.get(url, headers=header)
 return r

def get_prefs():
 url = API_ENDPOINT + RESAS_PREF
 return get(url)

def get_data(year, month, pref):
 url = API_ENDPOINT + DKUKAN_INBOUND + "?year="+str(year)+"&month="+str(month)+"&prefCode="+str(pref)+"&periodOfTime=1"
 return get(url)

def draw_graph(a,b,pref):
 fp = fm.FontProperties(fname="/root/ipag00303/ipag.ttf", size=20)
 
 s = pd.Series(a, index=b)
 s.plot(kind='bar')

 plt.xlabel(u'月', fontproperties=fp)
 plt.ylabel(u'外国人訪問者', fontproperties=fp)
 title = "%sへの外国人訪問者数累計(2015): %d人" % (dicPrefs[pref].encode('utf-8'),totalValue)
 plt.title(title.decode('utf-8'), fontproperties=fp)
 plt.grid(True)
 plt.show()

prefs = get_prefs()
dicPrefs = {}
for pref in prefs.json()["result"]:
 dicPrefs.update({pref["prefCode"]:pref["prefName"]})

あとは、prefの値を1-47の47個分計算するのだが、途中で落ちる場合もあったので、10個単位にわせてグラフ化する。

pref = 1
while pref < 11:
 a = []
 b = []
 totalValue = 0 
 mon = 1
 while mon < 13:
 res = get_data(2015,mon,pref)
 datas = res.json()
 value = 0

 for item in datas["result"]["data"]:
 value = value + item["value"]
 
 a.append(value)
 b.append(mon)
 totalValue += value
 mon += 1
 draw_graph(a,b,pref)
 pref += 1

 

結果は以下の通り。

こうしてみると、東北は、2015年の団体客を主体としたインバウンドブームに、完全に乗り遅れた結果となっている。訪日外国人に対するPR不足や、外国人のニーズと地元のPRポイントのミスマッチが見て取れる。それと、海外の検索エンジンやSNS等での情報発信不足などが原因とも読み取れる。宇都宮大学関連で、昨年は、日光に調査に出かける機会が多かったが、訪日外国人に「東照宮に行くんですか?」と質問すると、「華厳の滝やトレッキングにきた」という返答が非常に多かった。日本文化に触れ始めたばかりの外国人の観光ニーズと、日本文化を知り尽くした日本人の観光ニーズとの間には大きなギャップがある事を意識しなければいけない。

2017年は、個人ベースの旅行にインバウンドがシフトしていくると言われているので、東北6県は、訪日外国人が好むであろう、地域の魅力を、いかに発信できるか勝負の分かれ道になってくる。

なお、本解析をおこなったNotebookは下記に公開している。

https://github.com/GClueOpenData/RESAS/blob/master/notebook/DKUKAN.ipynb

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

You must be logged in to post a comment.