2016
05.19

Daydream

Android/iOS

Google I/O 2016にて、Androidの次世代VRプラットフォームであるDaydreamが発表された。

https://vr.google.com/daydream/

下記がデモ動画である。動画のように、DaydreamによりスマートフォンでハイクオリティーなVR体験が可能になる。

Daydreamは、Android NベースのハイクオリティーVRプラットフォームである。また、ヘッドセットとコントローラーのリファレンスデザインも同時に発表され、2016年秋よりパートナーのデバイスメーカーより出荷される。

DaydreamのVRを体験するには、OSはAndroid Nが搭載されたDaydream-Readyのデバイスと、ヘッドセットと、リモートコントローラーが必要になる。

Daydream対応のスマートフォンは、Android Nに搭載されるVRモードでVRアプリを実行する事が可能になり、VRのパフォーマンス(正確なヘッドトラッキング)、少ない遅延(高速な画面描画)、VR向けのSystem UIなどにより、高品質なモバイルVR体験が可能になる。

VR向けアプリは、VR用のGoogle Playからダウンロードする。

Daydream-ReadyなAndroid Nデバイスは、下記パートナーにより開発される。残念な事に、今回の発表では、日本メーカーは1社も含まれていない。

Daydream-Readyデバイスの第一弾は、2016年の秋より出荷が始まる。その一方で、国内での普及には、海外メーカー次第の展開になりそうだ。スマートフォンを高性能VRデバイスへと進化されるDaydreamのアプローチは、安価で大量にVRデバイスを供給する事が可能になり、端末の普及いかんによっては、Google Playを軸としたVRコンテンツのエコシステムが形成される事になるだろう。

なお、VRモードの詳細は、日本時間の19日の夜中の25時のVR at Googleのセッションで発表される。


https://events.google.com/io2016/schedule?sid=46d50c09-0cef-e511-a517-00155d5066d7#day2/46d50c09-0cef-e511-a517-00155d5066d7

Comment

  1. No comments yet.

  1. No trackbacks yet.

You must be logged in to post a comment.